-岩村耕平のプロフィール

サイトマップ
ブリングハピネス
03-6385-1967

営業時間 9:00~18:00 定休日 土・日

オリジナル靴下のお見積り 無料サンプルありお問い合わせ
まるで現地に日本人を雇っているような安心感日本クオリティを中国と台湾に

靴下OEMのブリングハピネス:岩村耕平のプロフィール

岩村耕平のプロフィール
日時:2015年3月23日 AM 11:03
岩村耕平(いわむら こうへい)
ブリングハピネス代表

snsicon02.png

中国、台湾工場と一緒に靴下メーカーを営んでおります。工場とともに歩いて9年目になります。(2018年現在)工場との信頼関係が、弊社の最大の財産になります。

得意分野
キャラクターやアパレルなど、パッケージを含むデザインで付加価値を加えるオリジナル靴下の製造。

実績
九州のご当地キャラクター、美術館のミュージアムグッズ、代官山のアパレル店舗、YouTubeクリエイター、コミケやデザインフェスタなど実績多数
お客様の声

経歴

profil.jpg

1972年9月26日 東京都練馬区(大泉学園)生まれ
東京都練馬区(練馬高野台)育ち

1990-1993年 光栄のシュミレーションゲーム三国志にはまったことがきっかけで、高校を卒業後、三鷹市にあるアジアアフリカ語学院中国語学科に入学するも成績不振のため卒業ができず中退。

1994-1997年 遊牧民に憧れて、中国内蒙古自治区省都フフホト市にある内蒙古師範大学で2年半モンゴル語と中国語を学ぶ。

1998-1999年 帰国後、飯田橋にある日中学院研究科で、中国語の通訳翻訳技術を1年間学び卒業。

2004年 中国お客様のアテンド通訳、輸入貿易事務のお仕事を経てぬいぐるみメーカーに入社

ぬいぐるみメーカーでものづくりや品質についての考え方、工場とのつきあい方を学ぶ。靴下の新規事業立ち上げに携わったことがけっかけで、中国、台湾工場と出会う。

2013年 9年間務めたぬいぐるみメーカーを退職

2014年 靴下の製造メーカー「ブリングハピネス」を立ち上げて現在に至る。(2018年現在)

中国とのつきあいは、今年で28年目。靴下工場とのおつきあいは、中国9年目、台湾8年目。

活動拠点

Kotonew.jpg

中央線東小金井駅高架下にある東小金井事業創造センター「KO-TO」

「KO-TO」は東京都小金井市の施設。事業創造センターという名前のとおり起業家を育成するためのインキュベーション施設。2015年に入居。

KO-TOさんのホームページに僕が創業するまでの創業ストーリーのインタビュー記事を載せて貰ったり、創業体験を講演する機会を頂いたり、とってもお世話になる。

「日曜日がいらない」ひとりメーカーブリングハピネス

講演会 多摩信用金庫さん主催の、多摩で創業をめざす方のための交流会「ブールム交流カフェ」にて創業体験の講演をする機会も頂いた。

第108回 ミニブルーム交流カフェ 日本クオリティを実現する靴下のOEM製造とは?〜中国工場とのパートナーシップの作り方。

秋葉原サテライトオフィス

ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはこちら