OEMは委託企業は販売力、製造企業は生産力を活かし、互いの長所を活かしています。

サイトマップ
ブリングハピネス
03-6385-1967

営業時間 9:00~18:00 定休日 土・日

無料サンプルありお問い合わせ
まるで現地に日本人を雇っているような安心感日本クオリティを中国と台湾に

OEM企業の仕組み、委託・製造企業どちらにもメリットがあることを記載しています。

「OEM」とは委託された企業ブランドとして販売する商品を製造することです。
販売力は弱いが生産力がある企業と、販売力はあるが生産力不足の企業がお互いをカバーし、
商品開発、流通に繋げるために様々な企業で行われています。

知名度やブランド力、
販売業許可を持っている。

製造に必要な資格、権利
設備を所持している。

商品のデザインや形、
色や柄などを製造側に
細かく伝えます。
双方の食い違いを
取り除くことが大事です。

委託先と打ち合わせた
情報を基に製造を
開始します。

商品・製品の市場導入期には会社と商品の知名度向上になり、成長期には在庫不足が
しっかりカバーされ売り逃しがなくなります。市場成熟期にはある程度の在庫の調整のみで
新たな商品企画や開発に重点を置くことが出来ます。
また、生産にかかる設備投資が必要最低限になるので資金的負担が少なくなります。

製品やブランドの
知名度向上に
役立ちます。

生産能力不足を
確実にカバーされ
在庫切れが無くなります。

製品構成を
維持しつつ、
新商品の開発に
集中できます。

市場導入期には自社工場の技術の工場が期待でき、成長期には商品の売れ行きが良くなるので
必然的に稼働率が上がります。市場成熟期には一定の量産を維持することができます。

生産余力の
活用ができ、
自社技術の水準
が向上します。

受注が増えるので
稼働率も上がり
経営が潤います。

在庫の発注は途切れない
のである程度
の量産は
維持できます。

オリジナル靴下のお見積り