OEMならではの不安事も日本人が海外工場を統括し、安定した品質で靴下をお届けします。

サイトマップ
ブリングハピネス
03-6385-1967

営業時間 9:00~18:00 定休日 土・日

無料サンプルありお問い合わせ
まるで現地に日本人を雇っているような安心感日本クオリティを中国と台湾に

日系の第三者検品機関による検針・検品で靴下の不良を出しません。

海外工場、特に中国工場といえば、言葉が通じない、思い通りの品質で仕上がらない、
納期を守れないなど、様々な不安事があります。
私が中国で今の工場に出会った時も、様々な問題点がありました。
そこで、日本人である私が、一つ一つ、日本人の感覚や、品質へのこだわりを、
辛抱強く伝え、中国との違いを理解してもらえるように、努めて参りました。
そのかいもあり、今では、中国の中でも、日本向けの靴下の取り扱いができる数少ない
工場の一社の仲間入りをすることができるようになりました。

中国人社長と一緒に何度も話し合い、改善をしてきたからこそ、お客様との間で取り決めたサンプル通りの品質で靴下の製造ができるようになりました。初めは工場を訪問し、改善事項を伝えてきましたが、更なる効果を得る為に、中国人社長を数か月に一度の間隔で日本に呼び、一緒に何件も日本の企業を訪問し、直接お客様の声を聞き、持ち帰った課題を会社の経営に反映させることなどで、品質の向上に努めて参りました。

  • 最初は注文通りの靴下ができず、納期に間に合わなかったことも・・・
  • 何度も打ち合わせをし耳で聞くだけではなく社長自身が日本人の繊細な感覚を体感してもらう所から開始しました。
  • 日本での経験を元にスタッフを教育、日系の第三者検品との連携を結ぶなど、品質を改善
  • 日本人の感覚にマッチする痒い所に手が届く、中国靴下工場へ

中国工場とのコミュニケーションはとても煩雑です。こんな不安はありませんか?

単価が安い工場を見つけたのは良いが、このような苦労をされた上に、結局は品質が悪いものが
日本に届いたとなると、まさに「泣きっ面に蜂」となってしまいます。
弊社にご依頼を頂ければ、使用や価格、数量などが決定しましたら、お客様の手を
煩わせることなくスムーズな納品が可能です。

中国、台湾工場との遣り取りは、日本人であるスタッフが、
お客様からお伺いしましたご要望を全て、中国語で工場と
遣り取り致します。お客様と直接、靴下のサンプルを交えて
打ち合わせをして、お客様からのご要望を理解した上で、
工場と話をするので、意思疎通の間違えが起こりにくくなります。

中国の工場に直接お問い合わせをして、安い単価でのお見積りが
出てきたので、注文したら結局運賃が高くついてしまった。
関税の計算を忘れてしまい、輸入費用が思いのほか高くなってしまった。
工場から別途でサンプル代を請求されたなど、事前にしっかりと
コスト計算をしないとなかなか利益を確定しづらいことがありますが、
弊社のお見積りには、単価、サンプル代、輸入の際の経費など、
全て含まれておりますので、安心してお取引頂けます。

弊社がご提供する、靴下の形をしたテンプレートに、御社が
ご希望するイメージを手書きで書き込んで頂ければ、
日本人デザイナーが、イラストにして御社にご提示することが
できます。靴下の製作が初めての方でも、お気軽に靴下の
製作をして頂けます。

弊社は、中国人との文化交流や貿易経験と、靴下の知識が豊富な、
日本人スタッフを擁しており、コミュニケーションの面で、
御社にお手間をおかけすることがなくスムーズなお取引が
可能です。極端な話し、パソコン1台と、電話、あとは
デザインのアイディアさえあれば、中国工場での靴下OEM製造が
可能です。込み入った打ち合わせでも、日本国内での遣り取り
のみで、十二分に対応が可能です。

不良品が多いイメージが強い、中国製ですが、弊社では
ワーカー、スタッフによる検品を行った後、日本製の検針器を
用いて、異物が混入していないかを検査します。
その後、更に日系の第三者検品機関による、最終の抜き取り
検品と最終検針を経て、梱包後お客様に向けて商品を出荷して
おります。

オリジナル靴下のお見積り