靴下OEMのブリングハピネスの情報を月ごとに紹介-2017年1月

サイトマップ
ブリングハピネス
03-6385-1967

営業時間 9:00~18:00 定休日 土・日

オリジナル靴下のお見積り 無料サンプルありお問い合わせ
まるで現地に日本人を雇っているような安心感日本クオリティを中国と台湾に

ブリングハピネスの月別お知らせ一覧

ブリングハピネスの情報を月ごとにご紹介

中国靴下工場の杭州事務所
日時:2017年1月26日 PM 05:45
billding.jpeg
中国社長と二人三脚で、靴下のOEM事業に取り組んで、今年で5年目になりました。現在は新しいスタッフも入社し、社長も仕事を任せて経営に専念できるようになってきています。

長く会社に勤めて貰えるように、杭州事務所の環境も大幅に改善しました。香港の大手のハンセン銀行が入っており、1Fにはスターバックス。地下には入居企業共同の社員食堂もあります。

star.jpg

キッチン付きの郊外のマンションの一室からはじまり、1Fに洗車場が入っている広いけどトイレが臭い雑居ビル。そして今のオフィスに引っ越して参りました。職場環境がよくないと、外国語などの社員確保が難しくなってきています。

以前は入社してやっと慣れてきたと思ったら、辞めてしまうことも多々ありました。せっかく育成した社員が退職してしまうと、新たに入社したスタッフにまた零から仕事を教えていかなければなりません。会社が成長するためには、社員の育成と定着化が必要不可欠なのです。

現在は社員数が6名となり、ようやく落ち着いてきました。正直、新事務所に引っ越しをした当初は、「少し見栄を張りすぎじゃないの?」と思ったものですが、社員の流出も減り、売上も20%増えたので、社長の決断は正しかったということになります。

中国は大きく成長しておりますが、ブリングハピネスは、こちらの支援を受けながら、小さなことを強みにできる会社を目指してまいります。

靴下産地巡りの旅 中国浙江省 海寧(ハイニン)
日時:2017年1月25日 AM 11:50
haining.png
浙江省の靴下の産地を大きく分けると諸暨,上虞,海寧の3箇所に分かれます。本日は、浙江省靴下三大産地の一つである、海寧 (中国語読みでハイニン)の紹介を致します。

「海寧」は浙江省の上海市よりに位置しており、日本向けの靴下製造工場が集中している地域です。弊社工場も海寧市内にあります。上海虹橋駅から新幹線で約45分の「桐鄉(トンシャン)」という駅で下車、車で約20分で工場に到着します。

弊社は中国でいうと小規模の工場です。100名の工員さんが靴下の製造に携わっております。工場に着くと、初めは応接室に通されるのですが、ショールームはありません。OEMを専門に製造をしているので、外部にデザインが漏れることを防ぐためです。

海寧は革製品を製造する街としても知られています。ひよっとしたら、靴下より革製品としての方がよく知られているのかもしれません。中国皮革城という、中国最大の革製品のマーケットがあります。

SHANGHAI NAVIに皮革城について詳しく紹介されていました。工場に行く途中に建物があるので、よく目にはするのですが、残念ながらまだ行ったことはありません。
中国皮革城(海寧)

同じくSHANGHAI NAVIに「天下の奇観」と言われる有名な銭唐江の逆流現象についての記事がありました。
銭塘江の逆流 (海寧)

中国靴下産地巡りの旅 五本指靴下で有名な上虞(シャンユー)
日時:2017年1月24日 AM 11:40
shangyu.png
中国浙江省の靴下の産地を大きく分けると諸暨,上虞,海寧の3箇所に分かれます。本日は、浙江省靴下三大産地の一つである、上虞 (じょうぐ、中国語読みでシャンユー)の紹介を致します。

上虞は、上海から新幹線で約2時間、杭州から約1時間、紹興酒で有名な紹興の隣にある街です。「梁山泊と祝英台 」という、有名な中国の恋愛物語の舞台になったと言われ、中国の墨絵的な風景を見る事ができます。

傘や手袋、そして5本指靴下の産地としても有名な地域です。日本向けに靴下を製造している工場も多いのが特長です。

5本指靴下の製造方法は、通常の靴下と異なる部分があります。手作業で一つ一つ5本指のつま先部分を機械にはめ込んで、手動でつま先を取りつける工程や、5本指靴下の形をした板に、同じく靴下を一個一個はめ込んで、プレスをする作業が加わります。

five1.JPG five2.jpg
上虞(シャンユー)の情報です。こちらによると「急速に工業化が進んでいる」とのことでしたが、前回訪問した時は、数年前とあまり変化が ないように感じました。(2017年1月現在)

上虞区 - Wikipedia

5本指靴下工場の見学をする傍ら、数日間じっくりと滞在したい街の一つでもあります。

中国浙江省靴下産地巡りの旅 諸暨(ジュージ)
日時:2017年1月24日 AM 10:25
zhuji.png
浙江省の靴下の産地は大きく分けると、海寧(ハイニン)、上虞(じょうぐ)、諸暨(ジュージ)の三つの地域に分けることができます。本日はそのうちの一つである「諸暨(ジュージ)」をご紹介いたします。

諸暨(ジュージ)は、福田雑貨市場で有名な、義鳥(イーウ)の隣の街です。上海虹橋駅から高速鉄道で、2時間程で到着します。

一般家庭に靴下の編立器を数台設置しただけの、下請け工場が多い地域です。元締めの貿易会社がお客様から受注をとると、各家庭にに振り分けられます。製造が完了すると、靴下を一か所に集めて、梱包を行い出荷されます。

日本でいう内職の、靴下バージョンといえば、わかりやすいかと思います。ジュージの価格は、一概には語れませんが、浙江省内で最も安いといわれています。ただし品質には十分に注意が必要です。

以前日本人が経営している、義鳥の代行仕入れ業者の方から聞いた話になりますが、義鳥の一番の魅力は、100個商品を購入して、全て検品して半分不良が出たとして、100個分支払いをして、50個分仕入れたとしても、それでも安いところだそうです。

検品をかけたとしても、実際商品が100個あり、半分が不良品だとしたら、ワーカーさんもずっと悪い製品を検品し続けているわけで、目が慣れてくるため、残り半分の品質も決して良いものでは、ない可能性が高くなります。

日系の検品会社でも、製品が入庫したら、先ずは一ケースだけ抜き取り検品を行い、不良率があまりにも高いと、一旦工場に製品を戻すルールを授けている場合が多いです。

諸暨(ジュージ)の靴下における品質の状況も、義鳥のそれにあてはまる可能性があります。もちろん良い工場もあるかと思いますが、お取引の際は、十分な注意が必要です。

諸曁市 - Wikipedia

数少ない日本語での諸暨(ジュージ)に関する情報源です。「大唐鎮」という場所に、中国最大のネクタイと靴下のマーケットがあることが わかります。

キャラクター靴下を製作する時の注意点 色数について【2017年5月1日更新】
日時:2017年1月 4日 AM 09:20
「こんなに色数が多いけど作れるの?」アニメなどのキャラクターデザインの靴下を製作するにあたり、突き当りがちなのが、色数の問題です。

色数を減らせば、解決することも多いのですが、「わかちゃいるけど減らせない。」特にキャラクターライセンスに関係するデザインなど、変更が難しいケースもあります。

そんな時どうすれば良いのでしょうか?

1,靴下デザインを早めに修正して方向展開を検討する。

中国で普及しているのは、6色機という種類の編機です。

「6F」というように表記されます。何回サンプルを作成しても、指定した色と違う色で上がってきてしまうという場合、そもそも機械の性能上、表現ができないということがありえます。

その場合、何度やり直しても、あなたの指示通りできあがることはありません。早めにデザインを修正して、仕切り直しをするのが一番の近道なのかもしれません。

カタログに掲載されてしまったり、時が経てば経つほど、変更するのが難しくなっていきます。

6F.JPG
6Fの編機です。黄色の文字で示したのが、糸口で、ここから糸が入ります。糸口が6つあります。

2,7色機で靴下の製造をする。

6色機の上に、7色機(7F)という種類の編機があります。どうしても、デザインの変更が難しい場合は、最後の手段として試してみる方法があります。

7F.JPG
7Fは糸口が7つあります。6Fと比べると使える色が多くなります。

7色機を使いこなすには、一定の技術力が必要

靴下の絵柄は色数が多く、柄が密集しすぎると、仮にデザインの表現ができたとしても、横に伸びなくなります。

横に伸びない、すなわち「履けない」ということです。

工場が7色機を保有していたとしても、その性能を最大限発揮させて、履き心地を損なわずに、色数が多く細かいデザインを表現するには、一定の技術力が必要です。

弊社は、中国工場に5台、台湾工場に43台、7色機を保有しております。

台湾工場は、色数が多く細かいデザインを表現する技術力を兼ね備えているので、中国工場と比べてデザインの表現性の限界の幅が広いのが特長です。

3,まとめ

7色機に変更すると、色数が多く使える分、最低製造数量や価格のハードルが高くなる為、慎重に検討されることをおすすめ致します。

弊社サイト内の靴下使用可能色数についてのご説明内容です。

靴下色数.jpg
ご不明な点がございましたら、お気軽にお声をおかけ下さいませ。

関連リンク

靴下の色数、素材、表現性などについてこちらで更に詳しくご紹介しております。
理想の靴下作ります

靴下のデザインからサンプルを製作するまでの流れを一ページに分かりやすくまとめております。
オリジナル靴下のサンプルができるまで

ご質問などございましたお気軽にご連絡下さいませ。
どんな不安事も安心に変えます。お問い合わせはこちらまで