ブリングハピネスは中国・台湾産の靴下をOEMで安い値段、かつ日本クオリティで製造します。

サイトマップ
ブリングハピネス
03-6385-1967

営業時間 9:00~18:00 定休日 土・日

無料サンプルありお問い合わせ
まるで現地に日本人を雇っているような安心感日本クオリティを中国と台湾に
「こんな靴下あったらいいな」をすべてかなえてきました

オフィスや通信費、日本でかかる人件費を最小限に圧縮して、作り手である海外の工場に比重を置くことが弊社の方針です。
材質を落としたり、工場へ過度な値引きを要求し品質を落としたりして、コストダウンを図ることは一切ございません。

こんな靴下を作りたい。あんな靴下を作りたい。お客様によって様々なご要望があるかと思います。
弊社は、中国と台湾に工場をもち、それぞれの長所を活かし、どんな要望にも応えることができます。

中国工場は単価を安く製造する
ことができます。100%日本向け
の製造をしており、工場での
全数検品検針に加えて、日系の
第三者検品機関にて、更に仕様の
確認をしてから出荷する為、安心
してオーダーできます。

台湾工場は技術力が売りになり
ます。色数が多く、デザインの
細かい靴下でも履き心地を損な
わずに製造することが可能です。
台数が少なく、使いこなせる
技術者が少ないXマシーンという
編立器を使用して、ぬいぐるみの
ような形状の靴下ができます。

弊社の強みは、長年培ってきた中国工場と台湾工場との信頼関係です。
お客様からのご要望を、日本人の私が、しっかりと汲み取って、直接中国語で工場に指示致します。
中国工場と初めて知り合ったころは、「品質や時間の感覚」に対する、日本人の考え方と
微妙なズレがあり、感覚の違いを埋めるまで、大変苦労致しました。
工場と正面から向き合い、毎日のようにやり合いながら、今日まで付き合って参りました。
今も台湾靴下工場と比べると、ひと手間かかりますが、日本向けをメインで取り扱う信頼が
できる工場となりました。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。電話・メールにて受け付けております。

お客様のご要望に応じて、参考画像をご提供し、具体的な仕様を決めていきます。

白の靴下データをお渡しし、ご希望のデザインをご提供いただきます。

デザインを一目一目に置き換えデータ化します。

弊社から糸見本帳を貸し出しカラーを決定します。

10~14日でサンプルが出来、 お客様に発送して確認して いただきます。

仕様が確定したら、生産に入り ます。注文をいただいてから 約45日後に工場出荷をします。

検品会社と弊社スタッフによる 全量検針と検品を行い、 作業レポートを提出致します。

現在の中国工場の強みは、中国の改革開放政策後に、長年日本企業が指導を行ってきた結果、
日本向けの品質にて、かつ多品種小ロットで、かつこなれた価格にてお取引することが
できる部分になります。その強みをいかして、より幅広いお客様に、適正な価格で、
極力少ない数量で、できる限り良い靴下を製造頂くことが弊社の最大の目標になります。
また、中国工場でのOEM靴下製造で、技術力が足りない部分(デザインの制約、表現性)
などを、台湾工場で補い、台湾工場でできないこと(小ロット製造、低コストでの
大量生産、ハンドリンキング)などを、中国工場で補うことができるのが、
弊社の最大の強みです。
弊社を、靴下造りのプラットホーム(土台)として、利用頂ければ、御社も今日から、
中国と台湾に、工場を持つ靴下メーカーとして活動することができます。

  • ※300足から承ります

ひとまきで7色まで糸色の選択ができ、
絵柄が細かいデザインでも表現が可能
(中国はひとまきで6C)

ライクラを使用している為、劣化しづらい
(台湾工場は標準使用。中国工場は別途応相談)

96針~200針まで、幅広い対応が可能です。
網目が多くなればなるほど、細かなデザインも
表現でき、着用時のフィット感がUPします。

海外工場による生産の場合、輸入に関わる関税や送料など様々な
料金が後になってわかってくることがあります。
弊社では、打ち合わせ後に製造費から発送料まで全て含んだ金額で
提示をさせていただきます。
お見積りから料金が上がることは一切ありません。

中小企業から有名ブランドメーカーまで幅広くお付き合いさせて
いただいております。
300足から大量生産までどんなご要望も対応できます。
もちろん、300足だからといって品質が落ちてしまうことは
ありません。ご安心してお問い合わせください。

7C機と呼ばれる多色対応の編立器43台保有。200Nという靴下の網目が200個ある仕様ににて細かいデザインでの可能です。7C機と200Nを組み合わせることにより、目が細かくて色数が多いデザインにも対応できます。(台湾工場)
今では非常に少なくなった、イタリア製名機「Xマシーン」を5台保持し、ぬいぐるみのような形状のかわいい立体靴下の製造ができます。(台湾工場)

工場ワーカーによる、全量検品、弊社専属スタッフによる抜き取り検品、日本製検針器による全量検品後、更に弊社提携の日系の 第三者検品機関で、最終の抜き取り検査と、更に全量を検針後、 お客様のお手元に靴下を発送する流れになりますので、安心安全な靴下の製造が可能です。

「Made In China」と言いますと不安を感じられる方が多いかと思います。品質の問題、決められた納期が突然遅れるなど時間の問題、サンプルについて指示と比べて、全く違うものが上がってくる などのコミュニケーションの問題など、中国工場とのお取引について確かに問題が沢山あります。
弊社は、そんな習慣の違いを埋めるため、数年かけて妥協なく 真正面から、工場と向き合い、品質を改善して参りましたので、ご安心してお取引頂くことができます。

中国工場と初めて知り合ったころは、品質や時間の観念に対するヅレがあり、
感覚の違いを埋めるのが大変でした。出荷するごとに中国に行き、日本人の目で
検品をして対応しておりましたが、それでは根本的な問題の解決にならないと
感じた為、工場社長に3~4ヶ月のスパンで東京にきてもらいました。
一緒にお客様を訪問し、その中でお客様と直接問題点を話し合い、中国に持ち帰り改善して参りました。その結果、現在は、日本人の感覚にマッチする、
痒い所に手が届く、中国靴下工場になりました。

台湾工場の特長は、技術力の高さにあります。台湾工場の社長は、自ら、靴下の編み込み機を購入して、靴下を作る所から靴下に携わり、今日まで32年間、工場を大きくして参りました。靴下についての質問をすると、一を聞いただけで、十個分の回答が戻ってくるような、職人気質で、熱心な社長です。
また社長の息子である工場がサンプルと生産の担当をしております。
彼が製造するキャラクター靴下の表現性は、サンプルを製作する度にお客様からおほめ頂いております。

オリジナル靴下のお見積り

ブリングハピネス最新情報

小ロットでプリント靴下を製作したい方へ オリジナル靴下の製作方法について
「柄が細かいオリジナルプリントソックスの製作を検討している」
「熱昇華転写ソックスの製作をしたいけど価格が高すぎて悩んでいる」

本日はそんな方々に向けて、台湾で製造するハイゲージキャラクター靴下について紹介して参ります。

細かい柄も表現可能なハイゲージ編み込みソックスとは?

200N(ニードル)ハイゲージの編機を使用すれば、プリントと見間違えるような細かい柄が編み込みで表現できます。

画像3.JPG

こちらプリントではなく編み込みで製作しましたパイルスポーツ靴下です。(クリックすると拡大画像が確認できます)数年前にアメリカのお客様からのご依頼で製造しました。

7色機という編機を使用しますので、ひとまきで7色という制限はありますが、7〜10色程度の色を使用することが可能です。

編み込み靴下の色数制限について下記でも詳しく説明しております。

キャラクター靴下を製作する時の注意点 色数について【2017年5月1日更新】

柄の細かさについては、横200x縦310〜ピクセル以内であれば、表現することができます。

編み込み靴下のデザインは、ドット絵で表現します。

alpaka.png

一枚のドット絵を筒にすると靴下になるというわけです。上記は、横144x縦244ピクセルで製作した足袋靴下のドット絵データーになります。

200N(ニードル)のハイゲージで製作する場合は、横を200ピクセルまでに使用できますので、さらに細かい柄を表現できます。

こちらのキャラクタースニーカーソックスは、200x310〜350ピクセルで製作したものになります。

クリックの上、拡大画像を確認頂きますと細かさの確認ができます

F6_3.jpg

ハイゲージ編み込みソックスを製作する際の最低生産数と価格とは?

台湾でハイゲージの編み込みソックスを製造する場合の最低生産数は500足〜になります。

小ロットといいながら、500足って多いんじゃないと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ日本の業者でプリント靴下を製作する場合、100足製造すると、@900円〜1500円と高額な場合が多いです。

仮に台湾で編み込みで500足製造したとしても、日本でプリント靴下を100足製造するのに近いご予算でのご提案が可能です。

靴下は、かさばる商材ではなく、500足でも、130サイズのカートン2ケース分にすぎません。またもし売れ行きがよくリピートがあっても、在庫ですぐに対応することができます。

詳しくはお気軽にご相談頂けると幸いです。

ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはこちら

プリントソックスと編み込み靴下の違いとは?

プリントソックスの材質は、熱昇華転写プリントの場合、ポリエステルになります。ポリエステルと転写シートインクの相性がよいのが理由です。

ポリエステルは強度はありますが、化学繊維ですので、吸水性に難があります。安価ですので、価格帯が低めの靴下に使用されることが多いです。

台湾で編み込みの靴下を製作する場合は、ベース色が天然素材で吸水性に富んだコットン、柄の部分がナイロンになります。

オリジナル靴下製作時の糸選び コットン糸とポリエステル糸

島精機デザインシステム「SDS-ONE APEX3」を使用してサンプルを製作せずにバーチャルサンプルを製作する

2017年8月末に弊社デザインシステムを導入しました。デザインシステムを使用すれば、実際にサンプルを製作する前にバーチャルサンプルを製作することが可能です。

ドット絵に置き換えたデザインデーターを、靴下の網目に落とし込んだときの効果を確認することができるようになりました。

クリックの上、拡大画像を確認頂きますと精度の確認ができます

Inouesama last peise (2).jpg

デザインシステムについてご興味がございましたら、こちらも合わせてご参照頂けると幸いです。

バーチャルでオリジナル靴下の製作が可能なデザインシステムを導入しました

ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
どんな不安事も安心に変えます。お問い合わせはこちらまで

デザイン製作から納品まで、弊社の担当者がしっかりサービスもさせて頂きますので、安心してお取引いただけます。
弊社営業担当者のプロフィール

バーチャルでオリジナル靴下の製作が可能なデザインシステムを導入しました オリジナル靴下の製作方法について
2017年8月末に島精機製作所さんが開発したデザインシステム「SDS-ONE APEX3」を導入しました。

デザインシステムを使用することにより、デザインをドット絵に変換して靴下に編み込んだ際の表現性を、 パソコン上で再現することができるようになりました。

下記は、弊社ロゴデーターを加工して製作したバーチャルサンプルです。実際にサンプルを写真撮影したかのような再現性です。

shimatabi.jpg
デザインシステム導入後は、バーチャルサンプルを製作してから実際のサンプルを製造し、確認頂いてから生産に進む流れとなっております。

バーチャルサンプルは、画像を加工して製作するので、納得行くまで何度でも修正が可能です。製作は全て弊社で行います。

デザインシステムを導入して以来、サンプルの修正回数も大幅に少なくなりました。

Sockweb.jpg

デザイン製作から納品まで、営業担当者が一貫して業務を担当しますので、安心してお取引いただくことが可能です。
弊社営業担当者のプロフィール

ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはこちら

関連リンク

靴下制作実績
弊社で製造しました靴下の制作実績になります。

サンプル作成の流れ
サンプルを進行する際の制作の流れをわかりやすく紹介しております。

オリジナル靴下の製作事例まとめ【2017年6月24日更新】 オリジナルソックス製作事例
「オリジナルソックスを製作したい」
「オリジナル靴下製作に興味があるけど、どんな靴下を作れるか知りたい」

そんな方々のために、弊社で製作することができるオリジナル靴下の製作事例のまとめページを作成してみました。

弊社300足〜小ロットでオリジナル靴下の製作を承っております。ご興味があるアイテムがありましたらお気軽にお問い合わせ頂けると幸いです。

キャラクタースニーカーソックスの製作事例
キャラクターデザインが入ったソックスの製作事例について解説しております。

足袋ソックス製作事例
2本指の足袋靴下の製作事例と製作の進め方について解説しております。

ベビーソックスの製作事例
ベビーソックスに突起をつける加工やハンドリンキングなどの製作の進め方と製作事例について解説しております。

ニーハイソックスの製作事例
太ももまで長さがあるニーハイソックスの製作事例や200個の網目で製作する弊社の製作方法について解説しております。

ペットボトルカバーの製作事例
靴下と同じ製造方法で製作した伸縮性のあるペットボトルカバーの製作事例や対応できる製作方法について解説しております。

刺繍スポーツソックスの製作事例
刺繍を入れたスポーツソックスの製作事例と製作の進め方について解説しております。

椅子足カバーの製作事例
フローリングに傷がつくのを防止するための椅子足カバーの製作事例について解説しております。

オリジナル靴下滑り止めプリントの製作事例
靴下の足底に滑り止めプリント用いた靴下の製作事例とプリントの種類について解説しております。

キラキララメソックスの製作事例
ラメ糸を用いた靴下の製作事例とラメ糸の使い方について解説しております。

夏用靴下 フットカバーの製作事例
フットカバーの製作事例と製作の進め方について解説しております。

もこもこソックスの製作事例
毛足が長い冬物もこもこ靴下の製作事例と糸の選び方などの製作方法について解説しております。

もこもこ腹巻きの製作事例
毛足が長い冬物もこもこパンツと腹巻の製作事例と糸の選び方などの製作方法について解説しております。

靴下に取り付けるオリジナルパッケージの製造について
靴下を梱包する際にとりつけることができるパッケージのオリジナルデザイン製作事例と製作の進め方について解説しております。

オリジナル靴下製作の実績
弊社で製作しました靴下の実績を掲載しております。

弊社でオリジナル靴下を製作されたお客様の感想になります。
お客様の声

ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
どんな不安事も安心に変えます。お問い合わせはこちらまで

オリジナル靴下製作方法についてのまとめ【2017年6月24日更新】 オリジナル靴下の製作方法について
「オリジナル靴下を製作したい」
「オリジナル靴下を製作中だけどいまいち進め方がわからない」

そんな方々に向けて、オリジナル靴下の製作方法についてのまとめページを作ってみました。

どんな靴下が製作できるか知りたい

オリジナル靴下製作の実績
弊社で製作しました靴下の実績を掲載しております。

靴下の糸やデザインを表現する方法について知りたい

理想の靴下作ります
靴下の材質、網目、色数などについて解説しています。

オリジナル靴下の製法の選択について 編み込みと刺繍
靴下にどのようなデザイン表現が可能か、編み込みと刺繍で表現する方法を中心に解説しております。

オリジナル靴下製作時の糸選び コットン糸とポリエステル糸
靴下製作に使用される糸について解説しております。

オリジナルもこもこ靴下の製作と糸の種類について
冬物のもこもこ靴下に使用される糸と選択可能な製法について解説しております。

デザインの入稿方法を知りたい

オリジナル靴下サンプルの製作 ラフスケッチからデーター入稿
テンプレートをご提供してからデザインデーターを入れるまでの手順をご説明しております。

色の選び方について知りたい

オリジナル靴下製作時の色選び 糸見本帳について
靴下の製作に使う糸見本帳について解説しております。

キャラクター靴下を製作する時の注意点 色数について
靴下を製作する時の色数の設定方法について編機の種類も交えて解説しております。

デザイン修正方法について知りたい

リジナルキャラクター靴下サンプル製作時のデザインの修正方法
デザインの修正方法について解説しております。

弊社でオリジナル靴下を製作されたお客様の感想になります。
お客様の声

ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはこちら

オリジナルキッズソックスを製作したい方へ【2018年5月10日更新】 オリジナル靴下の製作方法について
「子供向けの靴下の製作を検討している」
「靴下を製作したことはあるけれど、キッズサイズの製造はしたことがない」

本日はそんな方々に向けてキッズ靴下の製作についてご紹介します。

様々なデザイン表現が可能なキッズソックス

キッズ靴下は大人向けと同じ条件で製作ができます。

色数は色の並び方にもよりますが、6色まで使用できます。簡単な絵柄は120N,少々複雑な絵柄は144Nという種類のシリンダーを使用します。

gage.png

下記のような比較的細かなデザインでも表現可能です。

kids.jpeg

同柄でのサイズ展開も可能です。親子ペアで「親子ソックス」を企画されるお客様もいらっしゃいます。

b,スニーカー.jpg

かかとを作る原理で、突起をつけることにより、動物に手や耳がついているように見せる3D加工にも対応しております。

baby 3d003.jpg

島精機デザインシステム「SDS-ONE APEX3」を使用してサンプルを製作せずにバーチャルサンプルを製作する

2017年8月末に弊社デザインシステムを導入しました。デザインシステムを使用すれば、実際にサンプルを製作する前にバーチャルサンプルを製作することが可能です。

ドット絵に置き換えたデザインデーターを、靴下の網目に落とし込んだときの効果を確認することができるようになりました。

クリックの上、拡大画像を確認頂きますと精度の確認ができます

Inouesama last peise (2).jpg

デザインシステムについてご興味がございましたら、こちらも合わせてご参照頂けると幸いです。

バーチャルでオリジナル靴下の製作が可能なデザインシステムを導入しました

キッズ靴下を製造するときの材質とロットについて

キッズ靴下を製作する場合は、ベース色が天然素材で吸水性に富んだコットン、柄の部分がポリエステルになります。

オリジナル靴下製作時の糸選び コットン糸とポリエステル糸

コットンとポリエステルは、通年使用する糸ですので、工場に在庫があります。よって500足〜製造が可能です。

「小ロットで製造できるって言うわりには、500足って多いんじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

弊社で500足で製造させていただく場合、国産で200足製造する費用に近いお値段で500足を製造することができます。

靴下は、かさばる商材ではなく、500足でも、130サイズのカートン2ケース分にすぎません。またもし売れ行きがよくリピートがあっても、在庫ですぐに対応することができます。

長期的な販売をされるご予定があれば、500足でもご検討いただく余地があるのかもしれません。

キッズ靴下を製造するときの価格について

弊社でキッズソックスを製作する際の価格は、下記のようなスニーカーサイズで、数量500足のご条件で、デザインにもよりますが、

おおよそで「缶コーヒ一本分くらい」になります。(中国生産144Nを使用する場合)

ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

どんな不安事も安心に変えます。お問い合わせはこちらまで

デザイン製作から納品まで、弊社の担当者ががっちりサービスさせて頂きますので、安心してお取引いただけます。
弊社営業担当者のプロフィール

関連リンク

靴下制作実績
弊社で製造しました靴下の制作実績になります。

サンプル作成の流れ
サンプルを進行する際の制作の流れをわかりやすく紹介しております。