オリジナルデザインの霜降りソックスをOEMで製造するときの注意点とは

靴下製造の考えが詰まったブログ

オリジナルデザインの霜降りソックスをOEMで製造するときの注意点とは

2022/7/11

オリジナルデザインの霜降りソックスをOEMで製造するときの注意点とは

先日アパレルのお客様より「霜降り靴下」の製作依頼を頂きました。霜降りをWikiで調べてみましたら下記のように出てきました。

霜降り(しもふり)

霜が降りること。
霜降り肉 – 牛肉の中で、脂肪が筋肉の間に細かく網の目のようになった肉。
霜降り造りの略。魚介類や鶏肉などを熱湯に通し、冷水でさらして、表面を白くしたもの。[1][2]
ジーンズ#ケミカルウォッシュ – 俗語「霜降りジーンズ」、上項目に関連した連想に基づく。
霜降り小倉など、布などに、霜が降りたような白い斑点のあるもの。
シモフリマツ(霜降り松) – ゴヨウマツ(五葉松)の近縁種。
霜月 – 霜降り月ともいう。
お笑いコンビ霜降り明星の名の略称。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ケミカルウォッシュジーンズのような柄が入った靴下と言えばわかりやすいでしょうか。霜降り靴下を製作する場合、大きくわけて二つの製造方法がありますので、紹介して参ります。

杢糸を使う

もくいと【杢糸 mottle yarn】

色,太さ,または張力の異なる2本以上の糸を撚(よ)り合わせて,特有の外観を与える糸を飾撚糸(かざりねんし)と呼ぶが,杢糸は飾撚糸の一つで〈からみ糸〉とも呼ばれる。太さが同じ2種または2種以上の異色の単糸を引きそろえて撚り合わせた糸であり,正確には2色のものをからみ糸,3色のものを杢糸と呼ぶが,それほど厳密に区別されていない。まだら,または霜降りのような模様に見えるのが特徴である。白と黒のような対照色で配合される
出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について

原材料(糸)に杢糸(もくいと)を使用することで、霜降りの効果を出すことが可能です。

台湾、中国共に各工場で使われている糸見本帳にも杢糸の番号が掲載されております。

在庫があれば選択が可能ですが、工場がサンプル分の在庫のみストックしており、いざ数量が決まって生産に進行するときに糸が不足してしまう場合があります。

サンプルには「霜降り」が入っていたのに、本生産では入っていなかった、というトラブル事例もありますので、生産前の最終確認が必須になります。

 

引き揃えで製造を進める

引き揃えとは2色以上の糸を同じ糸口から引き揃えて編むことです。

そのため表と裏で糸を見た時にまだら模様に不均一に糸が出ます。

出典 Knit Magazine ニット引き揃え プレーディングの違いについて

引き揃えは2色以上の色を選んで、編機で霜降りをつくる方法です。台湾、中国ともに工場の最低生産ロットで対応が可能です。

色数にもよりますが、デザインの編み込みとの組み合わせも可能です。ロットが多くない場合は、「引き揃え」の製作手法を選択されることをお勧めしております。

2色の色を選ぶときに、同系色を選ばれますと、効果がわかりにくくなりますので注意が必要です。白と黒など色系が異なる色同士で組み合わせをされるのがベストです。

まとめ

ここまで、「オリジナルデザインの霜降りソックスをOEMで製造するときの注意点」について紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

ちなみに弊社保有の島精機製作所が開発したデザインシステムを用いて、霜降り靴下のバーチャルサンプルを製作することも可能です。

「杢糸」をシュミレーションする場合、中国の糸見本帳にある「杢」の糸番は対応できます。台湾の杢の糸番は現在対応しておりません。「引き揃え」につきましては、産地に関わらず対応できます。

サービスメニュー

  • 「靴下ブランドを立ち上げたい」ブランド、クリエイター、に向けて、「伴走型の靴下製造サービス」をご提供しております。
  • オンライン、Email、対面での相談を承っております。
  • オリジナル靴下を製作したい方々に向けて、「製造工場を探したい」「どんな種類の靴下が製作できるか知りたい」など状況に合わせた記事を複数紹介しているページもありますので、よろしければご参照ください。
  • 台湾製無地靴下の在庫を使うことで、靴下は100足/色~、100足の中で刺繍デザインは2種類までの対応ができるようになりました。

合同会社ブリングハピネス代表。
中国内モンゴルで中国語とモンゴル語を学んだのち、東京のぬいぐるみ雑貨メーカーで9年間生産管理の仕事をする。2014年に起業し、台湾靴下工場と一緒に「靴下ブランドを立ち上げたい」デザイナー、クリエイター、ブランドに向けた「伴走型でじっくり取り組む靴下製造サービス」を立ち上げる。台湾工場の強みは細かなデザインの再現とはき心地の良さを両立させる技術力。起業してからの7年間で、工場と二人三脚で数多くのブランドの靴下製造を手がける。バーチャルで靴下サンプル製作が可能な島精機製作所デザインシステムを使用。

この記事を書いた人

岩村 耕平

  • ランキング画像 オリジナル靴下を製作したい方へ

    オリジナル靴下を製作したい方へ

    2022/7/29

  • ランキング画像 オリジナル靴下を小ロットで製作するときの考えかたとは?

    オリジナル靴下を小ロットで製作するときの考えかたとは?

    2022/7/27

  • ランキング画像 小ロットでオリジナルデザイン刺繍靴下の製作が可能な製造サービスとは?

    小ロットでオリジナルデザイン刺繍靴下の製作が可能な製造サービスとは?

    2022/7/21

  • Twitter
  • Instagram

目次へ
2

お問い合わせフォーム

Copyright 2015-2022 靴下OEM ブリングハピネス All rights reserved